肋間神経痛とは

肋間神経痛は、肋骨のあたりに沿ってのびている神経が傷ついたり、押されたり、刺激されて痛みを感じる神経痛の一種です。

この肋間神経痛の原因になるものは、外的なケガが原因のものと、内臓の疾患が原因になるものの両方があります。

椎間板ヘルニア、事故で強い圧迫を受けた、骨粗鬆症などで骨折した時や、神経の疾患などが原因の場合と、ヘルペスウィルスや帯状疱疹などで痛みが出るケースがあります。

また、そうした内的、外的な原因がはっきりしないものの、胸、背中などに痛みを断続して感じる肋間神経痛もあります。

同じ姿勢を長く続けたことで起こるケースもあれば、ストレスやビタミンの不足、アレルギーによって引き起こされるなどの原因もあります。

詳しくは<http://www.motorsideroads.com/>をご覧ください。

肋間神経痛が疑われてたら、まずは病院で詳細な検査を行い、他の深刻な疾患が胸部の痛みの原因になっていないかどうか、はっきりさせる必要があります。